助成金情報

国や都道府県などの助成金・補助金に申請して助成金などが交付されると、

特許・商標などの知的財産の出願の費用の一部に利用することができます。

知財関連の出願などに利用できる助成金などを列挙した「助成金・補助金情報」はこちら をご覧ください。

会社の所在地やフリーワードを組み合わせて、ご希望の助成金を検索してください。

新着助成金情報

絞り込み

32

※知財パークに掲載している助成金・補助金は、知財の取得に利用できるものです。

※公募期間が過ぎていても、受付を延長している場合がございます。

  • 全国

    【特許庁】 ID【32950】 終了しました

    公募期間:随時

    知的財産

    中小企業、個人及び大学等を対象に、審査請求料と特許料(第1年分から第10年分)について、一定の要件を満たした場合、減免措置が受けられます。

    審査請求日によって適用される減免制度(減免を受けるための要件、手続等)が異なります。審査請求日をご確認の上、該当する減免制度のページを御覧ください。

    特許料等の減免制度において、2019年4月1日以降に審査請求をした案件の減免制度(新減免制度)・2019年3月31日以前に審査請求をした案件の減免制度(旧減免制度)ともに、申請の際に必要となる審査請求書又は特許料納付書、減免申請書(新減免制度では提出不要)、持分証明書及び各種証明書(新減免制度では提出不要)の押印を廃止することとしました。

    2021年1月以降に提出される上記書類については押印が不要となります。なお、2021年1月以降に押印がされた書面が提出された場合、方式審査上は押印がないものとして取り扱います。

    上限金額 「審査請求料」、「特許料(1~10年分)」の減免

    お問い合わせはこちら

  • 全国

    【特許庁】 ID【32949】 終了しました

    公募期間:随時

    海外展開|知的財産

    中小企業等を対象とした特許料等の減免措置が規定された「不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年5月30日法律第33号)」に基づき、中小企業等を対象とした国際出願に係る手数料(送付手数料、調査手数料、予備審査手数料)の軽減措置を講じます。

  • 全国

    【特許庁】 ID【32948】 終了しました

    公募期間:交付金申請書の提出は、以下に記載の期間(必着)にそれぞれ行う必要があります。 なお、期間の満了日が閉庁日の場合は、翌開庁日(必着)まで申請可能です。 ・国際出願手数料の場合 以下のa. 及びb. の条件を満たす期間 a. 『国際出願番号及び国際出願日の通知書(PCT/RO/105)』の発送日後 b. 国際出願手数料を全額納付した日から6月以内  【例:2019年4月15日に国際出願をし、出願時に国際出願手数料を全額納付し、4月23日に『国際出願番号及び国際出願日の通知書(PCT/RO/105)』が発送された場合   申請期間は、4月23日~10月15日(必着)】 ・取扱手数料の場合 以下のa. 及びb. の条件を満たす期間 a. 『国際予備審査請求書の受理通知書(PCT/IPEA/402)』の発送日後 b. 取扱手数料を全額納付した日から6月以内

    海外展開|知的財産

    国際出願促進交付金交付要綱に基づき、中小企業等を対象とした国際出願に係る手数料(国際出願手数料、取扱手数料)について、国際出願促進交付金(以下、交付金)の交付措置を講じます。

    上限金額 国際出願手数料:1/2~2/3に相当する額を交付 等

    お問い合わせはこちら

  • 兵庫

    【兵庫県神戸市】 ID【38077】 終了しました

    公募期間:(3)生産現場へのロボット導入に向けたシミュレーション (4)ロボットシステムインテグレータ育成のための設備取得  令和3年4月7日(水曜日)~令和4年2月28日(月曜日)(予算の範囲内で先着順受付) ※令和3年度の申請は、経済産業省の電子申請システム【Jグランツ】で受け付けます。  電子申請には、IDの事前取得(申請から取得まで3週間要します)が必要。 終了しました (1)設備投資・新増設 (2)専門分野における国際的品質マネジメントシステム規格の認証取得  令和3年4月7日(水曜日)~令和3年5月14日(金曜日)17時まで

    販路・需要開拓|海外展開|経営改善・事業承継|設備投資

     本市では、技術力や生産性の向上、受注拡大、研究開発機能の強化などに向けた設備投資等を対象とする助成制度により、市内中小製造業の操業基盤強化を支援します。

     特に、サプライチェーン強靭化のための海外生産拠点の神戸市内への移転、コロナ禍において市民の生命を守る上で重要な製品・部品の生産、戦略産業分野(「航空・宇宙」「医療・健康・福祉」「農業・食糧」「環境・エネルギー」)での事業展開に必要な設備投資、及び生産性を向上させるために必要なIoT・AI・ロボットの導入について重点的な助成を行います。

     また、航空宇宙分野など成長分野に参入する上で必要となる国際的な品質管理規格の認証取得や、生産現場へのロボット導入に向けたシミュレーション、ロボット導入に大きな役割を担うシステムインテグレータを育成するための設備取得にかかる費用についても助成します。

    上限金額 50~3,000万円

    お問い合わせはこちら

  • 全国

    【特許庁】 ID【38819】 終了しました

    公募期間:2021年10月29日(金曜)17時00分厳守(予算内で随時採択)

    海外展開|知的財産

    海外で現地企業に不当な方法及び不当な意図で商標権を出願又は権利化された中小企業者等に対し、相手方の出願又は権利を取り消すため自ら提起する係争活動に係る経費(採択から2022年1月15日までに発生する費用)の2/3(上限額:500万円)を助成します。

    上限金額 500万円

    お問い合わせはこちら